読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島コードF-6 公共交通機関で挑戦

福島県のリアル宝探しゲーム”コードF-6”を車を使わず挑戦します。筆者は会津若松市在住、最寄駅は西若松駅。

コードF-6捜索記 いわき市[湯本]

捜索記

この日は本当は、国見町に行こうと思い会津若松駅に向かったのですが、

駅前のバスターミナルに着いたときに、ちょうど福島駅行きのバスが発車してしまいました。

 

こういう時は慌てず行き先変更です。

このときまだ7時になる少し前だったので、とりあえず郡山行きのバスに乗り

バスの中で冊子をめくりながら行き先を考えます。

 

いわき市[湯本]ならいわき駅から近いし、「一部の捜索では車での移動をおすすめします」と書いてあるものの、徒歩でも行けそうなのでそのままいわき駅までバスに乗りました。

 

湯本駅に着いたのは11時。残暑厳しいです。

 

謎1は、諦めました。

場所は分かったのですが、暑くて…。

謎2は、場所はわかりましたが、これ地元の人以外は読めるかな?

暑い日にこういう所に来るといいですね。

 

ここの手がかりは、他の町とは違う表現でした。

謎1は行かなかったけど、何だったのか気になります。

 

宝箱の場所は、謎1の手がかりが抜けているせいか、いつもの私の思い込みがいけないのか、近くまでいったのに見つからず。

最近諦めが早く、鏡石町と同様、発見報告所に行って教えてもらう作戦を実行しました。

 

しかしこの発見報告所が遠い。

線路を渡らなければ行けないので、発見報告所は線路の向こう側で近くに見えているのに、踏切までいくために一度遠ざかることになります。

 

教えてもらった場所は、私が探していたところの近くではありましたが

やはり勘違いしていました。

 

宝箱を見つけ、また発見報告所に戻ります。

この、発見報告所に行く道が一番辛かった。

「車の移動をおすすめします」の一部分って、ここかな?

 

発見報告所から駅までの道は、

もう同じ踏切を通るの飽きたなぁと思い、冊子の地図ではもう一か所線路を渡る部分があるようだったので、線路を渡らずしばらく南に歩きました。

行きついたのは踏切ではなく陸橋。町が見渡せて良さそう!…と思いましたが、通行止めになっていました。震災の影響でしょうか。

 

結局引き返して、本日3度目の踏切を渡ったのでした。

始めからこうすればよかった。

 

そんな回り道をしたせいもあり、

湯本駅に着いたと同時に、いわき行きの電車が発車してしまいました。

だいたい、朝ギリギリで乗れなかった日には同じことが続きます(涙)

 

結局帰りは、「特急 ひたち号」に乗ってしまったのでした。

ーーーーーーーーーーーー

[歩数]

 26,141

 

[公共機関利用実績]

往路

・電車 西若松駅会津若松駅:190円

・バス 会津若松いわき駅:2,400円

・電車 いわき駅湯本駅:195円

 

復路

・特急列車 湯本駅ーいわき:950円

・バス いわき駅会津若松駅:2,400円