読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島コードF-6 公共交通機関で挑戦

福島県のリアル宝探しゲーム”コードF-6”を車を使わず挑戦します。筆者は会津若松市在住、最寄駅は西若松駅。

コードF-6捜索記 猪苗代町、北塩原村[裏磐梯]

この記事を書いている今は夏休み中ですが、5月のGWに猪苗代町北塩原村[裏磐梯]を続けてクリアしてきました。

 

-猪苗代町-

今年の地図の感じでは、猪苗代駅から歩いて回れそうです。

昨年のコードF-5のときはもっと広範囲だったので車で回りました。

 

謎1、謎2、情報屋ともに、冊子のヒント通りです。

猪苗代にはよく来ますが、この辺りはそれこそ昨年のコードF-5で初めて来て以来です。

私は情報屋の「横丁文庫」屋さんの看板をなかなか見つけることができず、周辺を何度もウロウロしました。

こういう時は、道路を渡って、少し遠目に見たほうがいいと思いました。

 

今年は暖かくて桜の時期も早く終わってしまいましたが、標高の高い猪苗代では、まだ桜を見ることができました。

 

-北塩原村[裏磐梯]-

冊子には、「車での移動をおすすめします」とあります。

地図上で情報屋、発見報告所の場所の距離だけ見ても、確かに無理です。

桧原湖内をボートででも渡れたら行けるかもしれないですけどね。

 

さて、どうやってクリアしたかというと、ここはズルをしました。

地元ということもあり、冊子の手がかりの絵から、なんとなく宝箱の場所が分かってしまい、またそこまでバスで行けそうだと判断しました。

 

目論見通り、猪苗代駅からバスで近くの停留所まで来れました。

ただ、まったくヒントを埋めずに来たので、詳細な宝箱の位置が分かりません。

手当たり次第に探せばなんとかなるか…と思っていたら、

現地のオジさんたちが私が持っている冊子を見て「あっちにあるよ~」と教えてくださり、難なくクリアできました。

 

せっかくなので、帰りは五色沼に寄ってきました。

公共機関で2箇所廻って五色沼に寄っても、日が暮れる前に帰れるのが近場のいいところ。

ーーーーーーーーーーーー

[歩数(自転車移動含む)]

 29,205歩

 

[公共機関利用実績]

往路

・電車 会津若松駅ー猪苗代駅:496円

・バス 猪苗代駅ー***(伏せます):***円

復路

・バス 発見報告所最寄りバス停五色沼入口:500円(?)

・バス 五色沼入口ー猪苗代駅:770円

電車    猪苗代会津若松:496円